焼き芋(紅天使)| 蔵出し焼き芋かいつか

  • こだわり
  • 取り組み

蔵出し焼き芋かいつか
"No.1"ブランド

紅天使

紅天使は、蔵出し焼き芋かいつか
No.1ブランドの焼き芋です。

紅天使とは、蔵出し焼き芋かいつかを代表するオリジナルさつまいもブランド。
茨城県産の原料を中心に長年のノウハウによって温度・湿度調整された貯蔵庫等で熟成させることでより甘さが増します。 焼くことで最高糖度47度にもなる濃厚な甘さとねっとりした食感が最大の特長です。また、その特性から冷やしてもしっかりと満足感があり、滑らかな食感がスイーツ級の美味しさに。

「蔵出し焼き芋」、
3つのこだわり

良い素材を「育む」

かいつかは独自の農場や研究室を持ち、より良く 美味しいさつまいもをつくるために毎日の研究を欠かしません。土、苗、肥料、新品種までも契約農家さんと一緒に取り組んで究めています。 ただ仕入れるのではなく、より良い素材を育むための栽培方法からこだわっています。

蔵で「熟成」

良いさつまいもが収穫できても、それをそのまま使っては、かいつかの美味しさにはなりません。 収穫後ただちに温度・湿度調整された貯蔵庫に収納し、厳重な管理のもと一定の温度湿度で寝かせることで新芋を熟成させています。 この「熟成」にかいつかの長年培ったノウハウが結集しているのです。

「焼き」で極める

<画像はイメージです>

<画像はイメージです>

熟成したものを選別し、かいつかならではの焼き方にこだわって特製のオリジナルオーブンで仕上げます。 お芋の扱い方ひとつで美味しさが変わるため、1本1本さつまいもと向き合い、丁寧に焼き上げています。